×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




オススメポイントの会社版と思っていただけるとよろしいかと。

一つ前のページに戻る> <トップページに戻る> 


オススメポイントリストそのに。
美少女ゲーム会社編
オススメしたい会社 れんとろわがオススメしたいポイント
れんとろわがプレイした作品およびHPへのリンク


ねこねこソフト
プレイ後のおまけが充実
大抵の会社ではCG閲覧とシーン回想とBGM観賞くらいでしょうが、
ねこねこソフトの作品では、おまけシナリオまで用意されています。
サイドストーリーなどのシリアスな話、
本編に出てきたキャラクターの日常を描いた(?)外伝的な話、
オリジナルストーリーなどのホントにおまけ的な話、
そして、えちぃシナリオがあります(爆)。

アフターケアも充実
↑のようなおまけが製品の中に入っているだけではなく、
入会費、年会費ともに無料(2004年現在)で、ファンクラブを運営しています。
入会すると、「おかえしCD」という感謝の気持ちをこめたCDをいただけます。
この中でも、「ムダに豪華に」がキーワードだったりします(笑)。
つか、個人的には会費を少し取られても変わらずひいきにするつもりなんですけどね……。

グラフィック
秋乃武彦さんの描くキャラ&ねこスタッフの塗り方が好きなのです(きっぱり)。
……特に片瀬さん家の雪希さん(爆)。

オフィシャルホームページBBSの居心地のよさ
リンクページでも書いたように、BBSにはいい人が多いです。
あなたの方から少し勇気を出してアプローチをするといいことがあるかも?
『みずいろ』
『銀色―完全版―』
『ねこねこファンディスク』
『朱-Aka-』
『ねこねこファンディスク2』
(『ラムネ』)
『麻雀』
(『サナララ』)
(『Scarlett』)
『おかえしディスク』1〜
HPはここをクリック


ういんどみる
ほわほわと動く立ち絵
もちろん、立ち絵のパターンが沢山用意されているだけでも楽しいですが、
それプラス、左右に動いたり、細かく震えたり、ビクっとなったり、と動くのですよ。
実際にプレイしてみれば、どゆことかはすぐ分かると思います。
……ちなみに、アニメーションとはちょっと違います。

音に対するこだわり
これは一度ヘッドフォンでプレイしてみないと分かりづらいのですが、
「音」に対してかなりこだわっています。
BGMはもちろん、風の流れる雰囲気や携帯からの声の聞こえ方 等等。

グラフィックに対するこだわり
こゆ風に書いてしまうと、勘違いされてしまいそうですね(汗)。
他の会社は適当に塗っていると考えているのか、と。
まぁ、原画の雰囲気と塗りが相まって優しい雰囲気がよく出ています。
私は、こゆ風にほのぼのとした雰囲気が好きなんですわ。
また、えちぃシーンの2回戦,3回戦でも、精液が不自然に蒸発しません(笑)。

『結い橋』
(『結い橋 詰めちゃいましたP・R・O』)
『くれいどるそんぐ』
『はぴねす!』
『はぴねす! りらっくす』
『祝福のカンパネラ』
(『祝祭のカンパネラ』)
HPはここをクリック


LUNE
【ルネ】

えちぃに対するこだわり
えちぃSE(『〜もみじ〜』から導入)が最たるものですな。
キスSE、舐めSE、打ち付けSE等です。
もし、邪魔だと思えてしまうのなら、それぞれに対しオンオフ可能です。

また、回想エディット(『もみじ Happy Story』から実装)という、
好きなシーンを組み合わせて回想することも可能です。
ただし、全てを回収するのはかなりの時間を要します。

当然ながら、えちぃシーンにおける描写もエロエロです(笑)。

グラフィック
川合正起様の描くキャラクターが好きなんです。
……特に、城宮椛ちゃん(爆)。
また、瑞井鹿央さんの描くキャラも、ちみっこちみっこしていて……(以下削除)。


ちなみに、『ネル』というブランドを立ち上げましたが、
こちらでもその心意気はしっっっっっかりと受け継がれています(笑)。

『〜もみじ〜「ワタシ…人形じゃありません…」』
『罪悪感「お願い…こんな姿見ないで…」』
『もみじ Happy Story』
『戦乙女ヴァルキリー』
『―姫辱― ダブルプリンセス狩り』
『―碧ヶ淵― 夜伽の村のお嫁様』
『宵待姫 〜大正淫猥吸血姫譚〜』
『薺ヶ好』
(『俺は彼女を信じてる!』)
HPはここをクリック


RUNE
【ルーン】

ちみっこへのこだわり
野々原幹さんによる原画の場合、どう考えても狙ってますよね(笑)。
ある意味、これだけで十分な武器と言えますです。
それくらいちみっこへのこだわりは強いと私は感じます。

意表をつくシナリオ
言うまでもないっすけど、私にとって、ですが。
『ふるるっ!』では別の意味で意表付かれました(笑)。
『リトルモニカ物語』
『初恋』
(『Ricotte 〜アルペンブルの歌姫〜』)
『思春期』
『雪のち、ふるるっ! 〜ところにより、恋もよう〜
HPはここをクリック
今はむしろこちらか?


TerraLunar

月面基地前
おバカシナリオへのこだわり
先に言っておきますが、褒め言葉ですよ。
とにかく、おバカです。

演出に関するこだわり
詳しいことは実際にプレイするしかないのかもしれないのですが、
漫画的な画面の使い方 や いつまでもしゃべり続けるシーンが楽しいです。
(ただし、この項目が当てはまるのはしすエン制作チームだけかもしれません)

ちみっこの年齢不詳っぷり
ぶっちゃけ、ホントに18歳以上ですか?(笑)
『しすたぁエンジェル』
『ロケットの夏』
(『星刻のかなたに』)
(『家飛-カットビ-』)
(『ぷちぷち☆魔女先生!』)
『らくえん 〜あいかわらずなぼく。の場合〜
『月面基地前 PREMIUMBOX I ロケットの夏 編』
HPはここをクリック


PULLTOP
立ち絵のバリエーションの多さ
一番多く見るCGなのですから、種類が多い方が楽しいですよね?
しかも、コロコロと変わるのですよ。

ドタバタコメディ
なんて言うか、私にとって分かりやすいコメディ要素なんですよ。
したがって、私との相性がいいと感じるのでしょう。

シナリオ
ネタバレしないように言うなら、語り方が私のツボをおさえますね。
『とらかぷっ!』
『お願いお星さま』
『PRINCESS WALTZ』
(『遥かに仰ぎ、麗しの』)
『てとてトライオン!』
HPはここをクリック


オーガスト
グラフィック
べっかんこう氏の絵も塗りもよかよかですよね〜♪

おまけ
ねこねこソフトの欄でも書きましたね。
オーガスト様も無駄に豪華にがんがっておられますな。
『バイナリィ・ポット』
(『Princess Holiday』)
『月は東に日は西に』
『オーガストファンBOX』
『夜明け前より瑠璃色な』
HPはここをクリック


Purple software
ほのぼのシナリオ
イベントとイベントの間の日常シーンがほのぼのしています。
また、基本的に幸せになれる結末が多いですな。
『はっぴ〜ぶり〜でぃんぐ』
(『夏色小町』)
『はぴぶりいまさらふぁんでぃすく』
『夏恋〜karen〜』
(『まじぷり−Wonder Cradle−』)
(『まじぷりふぁんでぃすく』)
HPはここをクリック


Selen
私のツボをつつく作品
個人的な話で申し訳ないですが。
義妹とか兄嫁とか、よいよいですな。
『犠妹〜背徳の契り〜』
『兄嫁』
(『燐月 Premium Box』)
『真・兄嫁』
HPはここをクリック


あかべぇそふとつぅ
私のツボをつつく絵
有葉さんの絵は私のツボに入るらしいです。
たとえきょぬー娘でも結構好きになれますので。

エロエロ
絵が気に入っていることが大部分を占めている理由なんでしょうが。
『魂響-たまゆら-』
『車輪の国、向日葵の少女』
(『その横顔を見つめてしまう』)
『こんな娘がいたら僕はもう…!!』
『車輪の国、悠久の少年少女』
『こんぼく麻雀』
『W.L.O.世界恋愛機構』
HPはここをクリック


propeller
ツボに入るシナリオ
東出祐一郎さんなら熱いシナリオで、荒川工さんならおバカシナリオで。
そして、ほとんどのキャラがなにか一癖あるんですよね。

人物相関図
オフィシャルサイトで人物相関図を公開しています。
しかも、お互いに会話する形式なので、把握しやすいんですな。
『あやかしびと』
『あやかしびと ―幻妖異聞録―(=PS2版)
『Bullet Butlers』
(『クロノベルト』)
(『エヴォリミット』)
<(『はるはろ』)>
HPはここをクリック
他に、「みるくそふと」「minori」「みなとそふと」等も候補としてありますが、
実際にこの表に組み込むのは作品(or新作)をプレイしてから、ということで。
上に戻る

一つ前のページに戻る> <トップページに戻る>