×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



あやかしびと ―幻妖異聞録― 感想


dimple
初回プレイ:2006年9月・2007年1月


PS2購入後、初プレイ作品となりました。>挨拶
いや、正確にはPS2購入前にソフトを買っていたんですが(笑)。


キャラクター紹介
れびう?
感想
ネタバレ的感想
関連:あやかしびとPC版レビュー

このホームページでは、一部[propeller][dimple]製品の素材を加工・引用しています。
これらの素材を他へ転載することを禁じます。(C)2006 will / propeller / dimple


<リストに戻る→50音UP順点数順> <トップに戻る



 
[キャラクター紹介]

キャラ名 特徴 髪形(女性のみ) キャラクターボイス(声優さん)etc.
きさらぎ すず
如月 すず

金髪ロング ちみっこ 姉のようで妹のような存在
主人公(=武部涼一=如月双七)以外の人間が嫌いだが……
CV:阪田佳代
いちのたに しゅうげん
一乃谷 愁厳

生徒会長 生真面目で剣の腕前は一流
必要に駆られて料理の腕も一流らしい?
趣味は釣りらしい
CV:先割れスプーン
いちのたに とうこ
一乃谷 刀子

生徒会書記 黒髪ロング 巫女さん
兄同様、剣の腕前は超一流
温和で慎ましいが怒らせると……
CV:田中涼子
うえすぎ けいじろう
上杉 刑二郎

生徒会役員 激しく鈍感 馬鹿力だがオツムは弱い
CV:吉野裕行
あいの かりと
愛野 狩人

生徒会役員 ナルシスト
妙な特異体質を持つ
CV:紫原遙
トーニャ 生徒会役員 銀髪ポニー ロシア人留学生
ぼそっと毒を吐く型のツッコミ役
すずとは何かにつけて衝突する
CV:籐野らん
ななみ いお
七海 伊緒

生徒会会計 茶髪ショート 眼鏡っ娘
刑二郎の幼なじみ(一つ年下) 刑二郎専用ツッコミ役
CV:小塚環
あねかわ さくら
姉川 さくら

生徒会役員 黒髪ロング ばくぬー
癒し系
CV:望月まゆ
あらい みう
新井 美羽

生徒会役員 緑髪おかっぱ
引っ込み思案だが頑張り屋さん ぬいぐるみを抱いている
CV:柚木かなめ
かとう こたろう
加藤 虎太郎

神沢学園の教師だがギャンブル好きでほぼ常時くわえタバコ
生徒曰く怪しげな武術を使う
CV:紫花薫
いいづか かおる
飯塚 薫

ドミニオン第十七戦闘部隊隊長 黒髪ショート
仕事に関しては冷静沈着
過去に主人公(=武部涼一)と面識があるらしい
CV:嬉野祥子
くき ようこう
九鬼 耀鋼

ドミニオン第十七戦闘隊副隊長
かつて主人公の師匠だった
CV:御成門佐清
ひだか れいな
氷鷹 零奈

ドミニオンの一員 青髪ショート ばくぬー
妹を溺愛している
エロいボンテージ姿
CV:本井えみ
ひだか いちな
氷鷹 一奈

ドミニオンの一員 ピンク髪ツインテール
わがままで天真爛漫で残忍=ガキっぽい(見た目も含む)
エロいボンテージ姿
CV:本井えみ
こうねん いちべえ
光念 一兵衛

ドミニオンの一員 破戒僧
刀を扱う 顔にドクロの刺青
CV:棟方一志
こうねん てるよし
光念 輝義

ドミニオンの一員 享楽主義
銃を扱う 顔にドクロの刺青
CV:杉崎和哉
ほうなん
逢難

九尾の狐“幻咬”の一尾 金髪ロング ばくぬー
人を見下しているが、実は寂しがりや
PS2移植に伴い、追加されたヒロイン
CV:朴“王路”美


上に戻る


 

[れびう]

グラフィック
原画:中央東口
この作品は男連中に惚れる作品です(笑)。
もちろん、えちぃシーンの代わりに追加されているCGありです。
CG枚数:160枚 (カットインCGを含む・小コマCGを含む・差分を除く)

OPムービー
シナリオのアツさをぎゅっと押し込めた内容(笑)
ある程度進めたところで挿入される
ちなみに、タイトルで30秒待機しても流れる

立ち絵
人数:最大4人並ぶ(「1・2人並ぶ」形が多く使用される)
種類:表情違い多種・ポーズ違い・向き違いなど
服装:制服・私服・パジャマなどのバリエーションあり
距離:3点(胸から上・おなかから上・太ももから上)

EDムービー
スタッフロール+そのシナリオのCG集
スキップ不可
サウンド
音声当て状況:フルボイス
しかも、かなり細かくON/OFF設定可能です。
ただ、双七くんの声はしばらく聞き続けて慣れないと違和感があるかも?

効果音
特に違和感があったものはなかったかなー、と。

主題歌:虚空のシズク  歌:Antistar
やはり、「最高ニジマス釣り」って聞こえる(笑)。
文章関連
シナリオライター:東出祐一郎
PS2版の追加シナリオ逢難もいい感じです。
もちろん、えちぃシーン代わりのシーンもいい感じ。

お話の概要
学園青春恋愛伝奇バトルAVG

主人公の特徴  名前:武部涼一 → 如月双七(名前変更不可)
お人よし うれし泣き虫 九鬼流という拳法を扱う
CV:保村真 (幼少時代CV:理多)

メッセージウインドウ
文字:26文字×5行  白色  
テキスト背景:藍色・透過率高め(17段階で調整可)
日付表示:なし
誰のセリフかウインドウ分け:あり
システム
セーブ 80箇所(8個×10ページ)
記録内容:画像・リアル日付・シーンタイトル・メッセージの一部
最新セーブ確認:不可
クイックセーブ:あり(8コ)
オートセーブ:8コ(選択肢前)
オートプレイ あり(送るスピード調整:可)
スキップ 既読スキップ:あり
未読スキップ:あり
スキップ速度:速め
次の選択肢まで飛ぶ:なし
音声再生カット
あり
メッセージ回想 3セリフずつ読み返し型
セリフをクリックすると音声聴き返し型
最大読み返し量:相当量
誰のセリフか確認可能
 
メッセージ履歴からのクイックロード付
 
ロード後、メッセージ履歴リセット
モードパネルからの
ショートカット
LOG:文章読み返し
|<:前のチャプターまでジャンプ
<<:巻き戻し
>:オートモード
>>:スキップ
>|:次チャプターへスキップ
Q.SAVE:クイックセーブ
Q.LOAD:クイックロード
スピーカー:ボイス再生
コマンドメニューからの
ショートカット
セーブ:セーブ
ロード:ロード
コンフィグ:環境設定変更画面へ
システムセーブ:システムファイルのセーブ
システムロード:システムファイルのロード
タイトルに戻る:タイトル画面に戻る(システムセーブなし)
キャンセル:コマンドメニューを閉じる
サウンド 音声・BGM・効果音・システム別音量調節可能(13段階)
ボイス再生時のBGM音量下げ設定可能
おまけ おまけシナリオ:なし
CGモード&回想モード&音楽鑑賞あり(1周後から)
CG鑑賞:160枚(差分含めず) → 差分CGコンプ確認:なし
シーン回想:12シーン(エンディング・ムービー)
音楽鑑賞:23曲(主題歌含む/ゲーム中で聴いた曲のみ)
初回特典 あやかしびと ―幻妖異聞録― 設定原画集
あやかしびと ―幻妖異聞録― 音楽盤(ドラマあり)
補足 クリア順番規制シナリオ:あり 最終ルート=すずシナリオ
フルコンプごほうび:特になし
人物ごとor既読の文字色分け設定可能
いちゃいちゃシーン
ほとんどがキスシーン
「れんとろわ」の購入理由
もともとPC版にえちぃシーンが必要と思えなかったので
あやかしびとの世界が好きだから
追加シナリオである逢難シナリオが気になったから
「れんとろわ」の一押しポイント
システムの至れり尽くせり具合
某戦闘シーンの追加CG
会長
逢難シナリオ
問題点・改善点
強いて言えば、
 逢難シナリオが短いこと
 逢難シナリオをえちぃ付で見たいこと(笑)
 あやか嬢を何らかの形で登場させてほしかったこと
 PC版を知らないと、薫さんの過去暴露シーンが分かりづらい?
個人的評価点数(5段階評価)
シナリオ : 5
ラストバトルすら燃える私には非の打ち所がありません。
ポカーンと置いてけぼりを食う人も少なくないようですがね。

グラフィック : 4
まぁ、悪くないんじゃないかと。
いくつか同じ人が描いたのか疑いたくなるCGがありますが(毒)。
あとは、胸の大きさが大きいかないか極端すぎ(笑)。
でも、ミニウィンドウとかあるので、5に戻してもいいんですけどね。

サウンド : 5
無問題。
虚空のシズクの歌詞が「最高ニジマス釣り」に聞こえること以外は(笑)。

キャラクター : 5
男性キャラも女性キャラも素晴らしすぎる。
双七くんの声が気に入らない人は何度もプレイしてみてください。
オフィシャルドラマCDも何度も聴いてみてください。
私も最初はあまり好きになれませんでしたので。

システム : 5
至れり尽くせりでございました♪
移植作品では珍しいと聞きますが。
バックログからのクイックロードて、普通ないっすよ?

パッケージ : 5
たまにでいいから薫お姉ちゃんのこと思い出してあげてください(笑)。

マニュアル : 5
カラーで、しかも見やすくまとめられているかと。

悶え度 : 5
エロがないからこそなのかもしれないけど、逢難はイイ!!

雰囲気 : 5
自分がいかに幸せな生活を送っているか、再認識できるような気がする。
それが仕事に追われて疲れがたまる毎日だとしても。

お買い得度 : 5
私はPC版を購入したにもかかわらず、この評価ですのでー。
単なるえちぃシーンカットだけではないですし、
えちぃシーン代わり以外にも追加がありますし、
逢難のシナリオがイイ感じですし♪

総合 : 5 (100点満点で言えば100点)
もうほとんどのシナリオをPC版で知っている私ですら楽しめました♪
非の打ち所が私には見つけられないので100点です。

評価ポイントは一般的なものをチョイスしました。


<リストに戻る→50音UP順点数順> <上に戻る



 

[感想とか]


攻略はこちらを参考になさってはいかが?
http://tryspace.net/game/ayakashibito/ayakashibito.htm
このURLをコピペしてもトップページに戻されてしまうようなので、飛び方も。
http://tryspace.net/ > ゲーム攻略(一般) > あ行 ■ あやかしびと -幻妖異文録-
ちなみに、ゲーム攻略ページへのリンクは、トップページの左上にありますので。
そして、私はとある選択肢でお世話になりました。


バトルモノが好きで、男性キャラの扱いが濃い方が好きな方は買って損をしないと思います。
下手すると女性キャラよりも男性キャラの方がキャラが立っていますからね(苦笑)。
また、PC版とPS2版との購入を迷っている方は、次の言葉を参考にしてみてください。
どんな描写であれ、Hシーンがないとダメ → PC版
言葉の表現方法がより過激でもO.K. → PC版
新キャラ(?)の逢難がどうしても気になる → PS2版
バトルシーンのCGがちょっとでも多い方がいい → PS2版
ちなみに、18歳以上のあなたがPS2版を購入したとしても、ぜひpropellerには行ってみてください。
『あやかしばん』というお返しディスクの内容をダウンロードできますので。
すると、藤枝あやかさんと一乃谷愁厳会長のお話、姉川さくらのH話を見ることが出来ますよ。

んで、ついでに言うと、PC版を買った方はPS2版を購入するほどではないかも?
逢難のキャラが気になるといってもそれだけのために買うには高いでしょうからね。
つか、両方買うような人はもうとっくに買っているか(苦笑)。
まぁ、2009年現在ならPC版もPS2版も廉価版が出ていますよ。
なので、ぜひどちらも購入してください、と営業マンっぽく(笑)。


最終ルートに入る前にずいぶん“画霊”“目々連”が埋まっていないですよね?
ですが、刑二郎のシーンをちゃんと回収してきてあるなら大丈夫です。
最終ルートで“画霊”は30枚くらい、“目々連”は4シーン埋まりますからね。


ドラマCDの感想みたいなものを見たい方はPC版レビューページへどうぞ。
また、シナリオに関する感想やネタバレありの感想などが見たい方もどうぞ。
PC版レビューでほとんど書きつくしたつもりなので、ね。
コピペするってのもなんかレビュワーとしてどうかと思えますので。
ところで、2009年3月19日にPSP版が発売されたようですね。
もし変更点を知っている方がいらっしゃいましたら教えてくださると幸いです。


ネタバレ感想に飛ぶ

上に戻る> <リストに戻る→50音UP順点数順> <トップに戻る



























 

[ネタバレを含む(?)感想とか]


書きたいことはPC版レビューの所でほとんど書き尽くしちゃったからなー(汗)。
何書こうか困った困った。
PC版との違いに触れてみますか。
嬉しい
追加点
逢難シナリオ
Hシーンの代替(キスシーンがほとんど)
ほとんどのバトルシーンにCG追加(1枚以上)
悲しい
変更点
Hシーン・HCGの削除
お酒に関するシーンの表現
鉄砲使いの輝義のしゃべる内容の変更

まだまだたくさんあったような……? 思い出したら随時追加します。


あ、そうそう、宴会シーンでのトーニャと双七のやりとりには逆にワロタっす。
「ウォッカはお酒です! 未成年の私たちは飲んじゃいけないんですよー、分かってますかそこんとこー?」
「……え? あれ……? あ、いや、そうなんだけど。そうなんだけど。」って。
その絡み方がむしろウォッカを飲んでいたと言っているようなもんじゃないか?(笑)


薫さんの過去のシーンは暗転していて、代わりに薫が身を挺して涼一を守るCGが挿入されるんですよね。
あれだけは、ちょっとひっかかりました。
PC版を知っていれば涼一がショックすぎてその光景を封印したと解釈すれば問題ないわけですが、
やっぱりPC版を知らない人は違和感を覚えちゃうかもしれませんな。
でも、PC版を知らない人も、文章描写の雰囲気から
「ここは薫がレイプされているシーンだから、PS2でCG描写するわけにもいかんのだろう」
って分かるもんカシラ?


ちなみに、逢難シナリオは、色々な所でも言われているのでしょうが、すごい破壊力でした。
しかし、ちょっと短めなのが残念でした。
まぁ、刀子さんシナリオからの派生ですので、仕方がないんですけどね。
彼女以外のシナリオから絡むことになると矛盾点が生まれそうですし。
かるーくネタバレすると、刀子シナリオで逢難に入り込まれるじゃないですか。
あの、名も無き妖【なもなきあやかし】 になるまでの描写をひねっているんですよ。
そこでの逢難……いや、ほうにゃんの反応がめりっさかわいいんですな♪
その反応についてはぜひ製品を購入して見てみてください!(商売上手の営業マン気取りか?





上に戻る> <リストに戻る→50音UP順点数順> <トップに戻る